2016年08月12日

ヴァイオリンの音階(スケール)の練習

 
正しい音程で弾けるようにすることです。

正しい運指と音程の取り方を学ぶ教材も用いて
子ども〜大人、趣味〜進学の総ての方に
音程の正しい美しい音で確実に弾けるようにレッスンをしています。

バイオリンを正しい音程で弾けるようになりたい方は
ぜひお越しください。


 
ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみ     ヴァイオリンの音程の取り方
主な使用教材
レッスン形態 教室の場所 空き状況
プロフィールレッスンのお問い合わせヴァイオリン関係のお店ブログ

2016年08月11日

ヴァイオリンの運弓(ボーイング ボウイング)の練習

 
美しい音色を響かせることです。

カール・フレッシュが『ヴァイオリン演奏の技法』のなかで述べた
ドイツ式
フランス・ベルギー式
ロシア式(アウアー式)の特徴と相違も踏まえたうえで
子ども〜大人、趣味〜進学の総ての方に
音程の正しい美しい音で確実に弾けるようにレッスンをしています。

バイオリンの運弓(ボーイング)で美しい音色を奏でたい方は
ぜひお越しください。


 
ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみ     ヴァイオリンの音程の取り方
主な使用教材
レッスン形態 教室の場所 空き状況
プロフィールレッスンのお問い合わせヴァイオリン関係のお店ブログ

2016年08月10日

ヴァイオリンのポジション移動の練習

 
闇雲に音を取るのではなく取り方があります。

子ども〜大人、趣味〜進学の総ての方に
音程の正しい美しい音で確実に弾けるようにレッスンをしています。

バイオリンのポジション移動を確実に身につけたい方は
ぜひお越しください。


 
ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみ     ヴァイオリンの音程の取り方
主な使用教材
レッスン形態 教室の場所 空き状況
プロフィールレッスンのお問い合わせヴァイオリン関係のお店ブログ

2016年08月09日

ヴァイオリンのビブラート(ヴィブラート)の練習

 
腕 の(腕 からかける)ビブラートヴィブラート)と
手首の(手首からかける)ビブラートヴィブラート)と
指 の(指 からかける)ビブラートヴィブラート)があります。
そして
その何れを習得するのにも
ポジション移動を学習した後でなければならない理由があり
その何れを修得するのにも
練習する順番だけではなく正しく練習するための方法があります。

子ども〜大人、趣味〜進学の総ての方に
音程の正しい美しい音で確実に弾けるようにレッスンをしています。

バイオリンのビブラートヴィブラート)を正しく学びたい方は
ぜひお越しください。


 
ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみ     ヴァイオリンの音程の取り方
主な使用教材
レッスン形態 教室の場所 空き状況
プロフィールレッスンのお問い合わせヴァイオリン関係のお店ブログ

2016年08月08日

ヴァイオリンの弦の寿命

 
切れるまででもなければ
響かなくなるなどの主観的なものでもなく
撥弦による音程の変化などという曖昧なものでもなく
その判断には明確な基準があります。

子ども〜大人、趣味〜進学の総ての方に
音程の正しい美しい音で確実に弾けるようにレッスンをしていますが
そうした際に弦の寿命の判断は重要なものとなります。

弦の寿命も含めてバイオリンの正しい扱い方を学びたい方は
ぜひお越しください。


 
ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみ     ヴァイオリンの音程の取り方
主な使用教材
レッスン形態 教室の場所 空き状況
プロフィールレッスンのお問い合わせヴァイオリン関係のお店ブログ

2016年08月07日

ヴァイオリンの音程 その1

 
本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室として
ヴァイオリンの音程を取るのにチューナーは使いません。

理由は
ヴァイオリンの音程の取り方のページにも書いたように
ヴァイオリンの音程はバイオリンの響きに耳を傾けることで正しく取れるので
そのためにはチューナーを見るのではなくヴァイオリンの音を聴く必要があり
ヴァイオリンの音程の取り方においてもバイオリンの奏法の一環として
バイオリンならではの指導や練習の方法があるからです。

音程の取り方も含めてバイオリンが本当に弾けるようになりたい方は
ぜひお越しください。


 
ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみ     ヴァイオリンの音程の取り方
主な使用教材
レッスン形態 教室の場所 空き状況
プロフィールレッスンのお問い合わせヴァイオリン関係のお店ブログ

2016年08月06日

ヴァイオリンの音程 その2

 
本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室として
ヴァイオリンの音程を取るのにピアノは使いません。

理由は
ヴァイオリンの音程の取り方のページにも書いたように
ヴァイオリンの音程はバイオリンの響きに耳を傾けることで正しく取れるうえに
同じ音でも旋律や重音によって音程が微妙に異なるからです。
そのため
音程が固定されているピアノの音を聞くのではなくヴァイオリンの音を聴く必要があり
ヴァイオリンの音程の取り方においてもバイオリンの奏法の一環として
バイオリンならではの指導や練習の方法があるからです。

音程の取り方も含めてバイオリンが本当に弾けるようになりたい方は
ぜひお越しください。


 
ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみ     ヴァイオリンの音程の取り方
主な使用教材
レッスン形態 教室の場所 空き状況
プロフィールレッスンのお問い合わせヴァイオリン関係のお店ブログ